今年の小学校受験を振り返って

今年の小学校受験を振り返って

朝晩はめっきり冷え込み、初冬らしい寒さを感じる頃となりました。

本年度も明治学園小学校・敬愛小学校の入学試験・合格発表の日を向かえることができました。

今年は男の子が多く、入会の遅い方やなかなか授業に入れないお子さんもいて、指導に大変苦労致しました。私の教室からは明治学園小学校12名中10名が合格、敬愛小学校には3名全員の合格を果たしましたが、残念ながら初めて男の子の不合格者を2名も出してしまいました。

明治学園に関しましては、昨年より本田校長先生になり、面接期間が長く土日を多くして頂き

出願で前日から並ぶ方のために夜間体育館を開放してくださいました。また、みつば会と致しましても9月にテスト会会場として学校をお貸し頂く等、受験しやすくする工夫が見られました。

入試に関しては例年通り、学習面・生活面(巧緻性・姿勢や整理整頓等のしつけ)運動面(指示行動)、行動観察など全体的なバランスを配慮したものではありました。特に学習面では難易度の高い問題でしたし、スピードが速いという声も聞かれました。 特に重要なのはしつけ面で日頃の落ち着きのない子や生活態度に甘えがある子には厳しい判定が出ていました。

また運動面でもS.パワ☆ーキッズプログラム(http://www.s-powerkids.com/)で行っている、バランスや反応・識別能力などが出題されていましたので、今後も神経系の運動面から能力を見られることが予想され、身を引き締めて臨む必要性を強く感じております。

各ご家庭でも、幼児の精神面・体調面を管理していくことは、並々ならぬご苦労がおありだったことと存じます。また子どもの成長というのは一朝一夕にはいかないところも、成長著しく日々目を見張るところもございます。時間を掛けて子供ひとりひとりの成長に合わせた取り組みが大切かと思います。小学校受験をするレベルまでに指導していくまでには特に家庭学習を含めた長期の計画的な学習習慣や正しい生活習慣を心掛けていただきたいと思っております。

また幼児期における運動能力(特に神経系の運動能力)は知能の発達に大きく影響しており、学習意欲や運動能力の向上を目的として毎週土曜日に行っておりますS.パワ☆ーキッズプログラムや例年11月に若松サンシャインスポーツクラブ主催の行動観察演習で行った内容が今年も小学校受験の場でも大きく生かされました。

つきましては、年中クラスも例年12月より徐々に受験にむけた学習指導に切り替えており

これから日程や時間の調整を行ってまいります。

 皆様のご都合をお聞きした上で今後の時間・人数調整をして、予定を組んで参りますので

ご協力の程、宜しくお願いいたします。

これからの1年間はお忙しい毎日かと存じますが、これまでにも増してご家庭におかれましても子育てを振り返り、受験を視野に入れた幼児にふさわしい生活を心がけ、お子様の心身の健康を第一に学習力の定着と向上に取り組んでいかれることと思います。受験を通して子供たちの能力を最大限に引き出し、幼児から児童へと円滑に成長して小学校入学後も大きく伸びるお子様の土台作りのため、ご家庭の一助となりますよう、私共も全力でバックアップしてまいりますので、お気軽にご相談下さい。ご協力頂くことも多いかと思いますが何卒よろしくお願い致します。